澳门太阳集团2007网站
    海上シルクロード

    泉州:お茶と陶器の「海上シルクロード」

     

    焦点的なヒント:福建のお茶のネット224日には、朋が远方から来て、1つの壷の泉を沸かせて、茶叶を何にして、瓷器の器に入れて、沸腾して水を沸かせて、歓待して、これは福建の人特有のもてなしの道です。

     

    224日、福建のお茶のネット上には、远方から来て、1つの壷の泉を沸かせて、何を求めて、茶叶を、瓷器の器の中に入れて、沸腾して水を沸かして、歓待して、これは福建人特有のもてなしの道です。実は、宋元外洋商业が盛んになった时、泉州家の家、お茶を饮む风、この素晴らしい东方の「叶」は、特别な商品として、陶磁器と一绪に、シルクが船に乗って、远くの海を旅し、一段前后、十数世纪の繁栄の海上商业の景観を后にします。

     

    一、连续のシルクは外贸易取引の扉を开く。

     

    両宋の期间、泉州港は国内外の输出入商品の最大の集散中心と国外の対外贸易の最も主要な港の一つです。対外贸易が発达し、世界の商船は9日に山下が返航し、シルクや陶磁器、茶叶などの商品を携えて外洋商业を睁开している。

     

    宋代のお茶は58の国で販売された。

     

    「海の茶叶の道は宋元の期间;明清の期间に茶叶が大量に出て;清朝以来、茶业が盛んになってきて、安渓乌龙茶が大量に売れています。」泉州市茶文化研究会の会长は、これまでのマスコミとのインタビューで、「海のシルクロード」を「海上シルクロード」に沿って、外洋に出ていくことを明らかにした。

     

    『宋会要集稿』は、「国度置市は、泉、広で、島夷を来て、それを伝承して、それを得ていたのだ」とし、「糸、瓷器、湯、礼のうち、いずれも期望している」と記している。南宋までは、泉州地区で消费された茶叶、陶磁器、シルク、酒など、外洋列国が得到している主要な输出商品を求めています。宋朝では、安渓と貿易関係のある国は58ヵ所で、東南アジア、西アフリカ、北アフリカなどに散在している。

     

    明清の期间、泉州を中心とした台湾地区はウーロン茶の最も主な集散地となった。泉州市博物馆の馆长、研究员の陈建中氏によると、清康氏は初年、茶叶の外洋贩売が急に増加したことを绍介し、「これ()は、番夷と関连していて、もとは贩子が集まっていて、ひねくれていて、人迹が访れて、町中にあります」と述べた。

     

    英商の胡夏米は、アヘン戦争の前に、福建の貿易貨物を調査し、2種類の安溪茶を購入し、「安渓茶、広州の価格は十八二、二十二」と書いてあり、「和豊カード、1箱安渓茶、広州市の相場は約十六二」と書いている。英商によれば、1838 ~ 1939年、広州で仕入れた安渓茶は10.6万ポンドで約45000キロ。

     

    史料の税関、清咸丰八年(西暦1858)から同治三年(西暦1864)、英国から毎年泉州、アモイ一帯の入力のウーロン茶およそ1800トン、最も多い時は3000万トンで、当闽北で輸出闽东の茶は、福州、故普通は、泉州、アモイ着力の茶の次要安溪製。わずか3(1877)だけで、英国が国外から入力したウーロン茶は4500トンに達し、このうち、安溪烏龍茶は40% ~ 60%を占めている。

     

    宋元時代には既にセラミックの外貿易工場があった。

     

    前人は「お茶の父」と言った。宋元时期、泉州の対外贸易の繁栄、茶叶の外洋贩売の隆盛に伴い、陶芸の発展は缓慢に発展して、空前のレベルに达して、内地から山に至るまで、锅の烟が4つに达して、都会の郷に広がっています。

     

    「国外セラミック考古学の概論」では、福建省などが発見した古住居地は、宋元時代が多かったと指责した。福建省の晋江・徳化などの県では、宋元古窯が大量に発見された。「これらの瓷器の陶器は、海内では稀で、東アジアや东南アジアでは多くの国で见つかっていて、これらの瓷器の品が、瓷器の品に合わせて创设されたことを明らかにした」と述べた。つまり、其时、地元では「外贸」の注文を主に受けたセラミックス「工厂」が存在していたのだ。

     

    1976年、韓半島西南部の新安海疆で、国外の元朝の沈没船が発見され、船室内で出土した陶磁器は約15000件余りで、その中には、一部の黒褐色の上口がありますが、考古学者の鑑定は、ドイツ化窯の製品です。これは、北朝鲜から日本に渡った商业船で、其时の国外の瓷器の外洋贩売は日本が多かった。

     

    唐朝では、徳化セラミック成品は主に地元および近隣県の村民に日常生活器具を供给しているという。北宋、泉州は市の扶司を设け、徳化陶磁器は官府が统一して买収し、ベトナムなどの东南アジア地区に贩売し始めた。南宋、徳化磁器はオランダ人が欧州に运ばれた。明朝は、郑和七回が西洋に出て、数回、泉州で、徳化磁器は船団が搭载した主な货色の一つです。

     

    二、外国人に寄り道して南洋の国々。

     

    明朝の末期から、福建省の人々が南洋に移住したのは、昔日の东南アジア地区。これらの先の民たちの足に合わせて、安溪(アンゲ)茶とデファの磁も一緒に東南アジアに入った。茶叶や自分で饮んだり、友达を赠ることがあり、陶磁器はまずお茶、水、食べ物などの一样平常的な糊口性能に使われる。

     

    鉄観音成南洋茶行鎮店宝。

     

    东南アジアに定着した台湾人が増えていることから、お茶のような一样平常的に暑さを解消する饮料は东南アジアでも盛行している。本地は気候が暑いので、東南アジアに住んでいる中国人たちは、お茶の需求が増えている。このような大きな布景の下で、一部の台湾茶商が南洋一帯で烏龍茶の商売を営んでいる。

     

    清末民の初め、安渓人は東南アジアで茶を始め、安渓の烏龍茶(オリョンサン)観音を積極的に運営しているだけでなく、鉄観音茶の文明を強く提唱して、品安の烏龍茶を作った人々は、華僑の中で絶えず拡大し、鉄の観音は次序递次に「個人の販売茶」になった。

     

    乾隆の年には、安渓西平(アンゲシ)平伏阳人王冬、ベトナムに「冬记」茶行を开设し、ベトナム12省に支店を开设し、「冬记」の大红鉄観音、名中南半島に名をつけた。咸豊の年间、安渓虎邱罗岩村人林宏徳は「金泰」の鉄観音をつくって、その子林の诗国と林书国がシンガポールの「栄タイ号」に依頼した。光绪の年间、西坪は、インドネシアのジャカルタに「珍春」を开设した。

     

    1921年には、チャン・チウン兄弟が安渓(アンジュ)で張源美茶を作って、「白毛猿」を商標にし、安溪茶を加工してミャンマーのヤンゴンに販売した。10年后、ミャンマーで登录され、ミャンマーで知られるブランドになった。

     

    1930年月には、安渓人が東南アジアに設置した茶号には100余りがあり、その中にはシンガポールの「林金泰」、「源崇美」、「高宗発」、「林和泰」、マレーシアの「三陽」茶行、「梅記」茶行、「興記」茶行、インドネシアの「王梅記」茶行などが著名だ。19289月、シンガポールの茶商労組が設立され、安渓虎(アンゲチョン)の羅岩(ヨンアム)村の林慶年(イム・ギョンニョン)会長が会長を務めた。「義和発」の白錫碧(ペク・ソクウ)氏は長い間、シャム(今タイ)茶商労組理事長を務めている。安溪(アンゲ)鉄観音は、外洋のお茶たちには珍しく、「町屋の宝」として使われています。

     

    この時期は、毎年シンガポール800トン、マレーシア200トン、シャム約160トン、フィリピンに約100トンの茶の葉が売られていた。安渓山は蒸し返して,昔は車でお茶を運んでいた。防塵防湿のために、凡是牛車に白い布をかぶせます。茶摘みの季節ごとに、山嶺(サンリョン)の旧道間牛車がチャガチャガロと、くねくねと白い線を連ねる場面が壮観だ。

     

    東南アジアで大量の徳化磁器が出土。

     

    茶叶の外洋贩売が盛んであり、徳化セラミック商业もまた盛んな期间を促进している。この時期には、製品は青磁の中心で、日用磁器ではカップ、茶碗、皿、瓶、皿、箱、壷などがあり、それは、音、如来、达摩、関公、寿星、八仙、そしてライオン、龍、牛、馬、羊、虎など、主に日本、朝鮮、フィリピン、インドネシアなどに主に販売されています。

     

    陳万里氏は、1957年にインドネシアのスラウェシ島南部で、韓国が着力した白いタイルを発見したことがあり、ドイツ化窯の製品だと確認した。1959年、スリランカのヤラトラ处所では、徳化窯焼きの皿が2つあった。1964年以降、フィリピンの遺跡や墓の中で、数千件が完壁で復元された徳化窯の陶磁器が発見されたが、その中では、マナラアナ湖南の内湖、民都洛のガレラ港などの遺跡が最も集合している。インドネシア全域で国外の青磁が発見され、その中には徳化磁器が入っていた。ドイツ化磁器は、西里伯斯湖とジャワでも多く出土した。加里曼丹岛の北部にある沙扬越地区には、徳化窯が大量に作られていた。

     

    荘氏は、「徳化白磁の窯口と港の問題」も、「清盛の時、徳化磁器の労働者が25千人、特にドイツ化窯が青磁の标的目的に発展しているが、徳化磁器は高級芸術磁器の発展が青雲になり、名が4海になった」と記録している。

     

    3、伝统的再起外洋市场。

     

    新中国が設立された後、安溪(アンゲ)鉄音は、ドイツ化陶磁器産業との対外貿易活動を始め、ゼロから出発し、徐々に回復しつつある。伝统的な根底の上で、外洋市场を再起させる。

     

    伝統鉄観音は東南アジアで人気がある。

     

    「毎年300トン以上の紙袋を持って東南アジアに向けられている」。安渓県・虎邱鎮東村の陳春(チン・チュン)副社長が紹介したのは、百年近くの伝統を帯びている。これらの包装は漢方薬のように包装されていて、中のパンは純正な香り型の安渓鉄観音だ。このような伝統的なお茶の包装は、安渓には次序递次に人々の視野が薄れているが、東南アジアでは人気がある。

     

    新中国が設立された後、高建茶は一時、故郷と連絡が途絶えていたが、当時外洋で経営していたチームは、国外関連輸出会社の製品で販売していて、鉄の音頭の茶の販売を続けることができたという。工夫の振り付けは1980年月まで、改革开放の东风が信使のようになって、国内外の一脉をつないでいた。

     

    如今、纸は茶老树新枝、鲜やかに花を咲かせ、シンガポールのカラーズ街にすべて运んでいた高建设の茶行シンガポール贸易、さらに数十社の専门店を経て、卸・小売りはマレーシア、タイなどの东南アジア诸国に贩売されています。

     

    中茶会社の史料によると、改革开放以来、本山、毛蟹は、台湾では东南アジアの大宗に输出された。一方、鉄観音はハイエンドのウーロン茶の代表として、日本に输出されることが多い。

     

    本国の鉄観音の最大の消耗地区で、1970年月から90年月にかけて、日本では何度も「ウーロン茶热」があり、鉄観音はウーロン茶の代名词として知られている。日本の民衆の認識の中で、福建省の知名度は国外の都城北京と併行することができる。福建省といえば、発音の准确な「贴り见る」(鉄観音)が呈现するという。

     

    セラミック製品は150余りの国に売られている。

     

    これと共に、新中国が建立してから、徳化陶磁貿易はゼロから始まり、徐々に回復していく。1952年、ドイツ化県の販売会社が陶磁器を購入し、海内市場に参入した。1955年、徳化セラミックスは輸出を再開し、次要製品は日本製の瓷器だった。

     

    1959年、输出された江の中では、カップ、カップ、汤盆、さまざまな品种、4.5インチの皿などが「5大ブランド品」と呼ばれ、日本や东南アジア地区などが挙げられています。また、食器、茶器、酒具、各種の壷、杯、瓶など、計100余りの品目や、菩入れ、弥勒、達摩などの多様な陶磁器工芸品が、旧ソ連、ベトナム、エジプト、英国、フランス、ニュージーランド、米国、カナダ、アイルランドの27カ国に渡って行われている。

     

    1963年には、陶磁器が売れた国や地区が78ヵ所に増えた。1978年には、ドイツ化セラミックス輸出額が1019.33万元で、部分の瓷器の輸出額の1/3、品目の50%を占めている。

     

    1980年月以降、ドイツ化セラミックスは歴史の華やかな時代に出て、ドイツ化事業家が国を出て、西洋工芸品のサンプルを輸入して生産に投入し、企業規模が缓慢に拡大し、貿易量は缓慢に増加し、飛躍的に発展した。主な成品は、日本の瓷器、芸の瓷器、西洋工芸磁器などがあり、プラント、神の仏像、人物像、植物の果物の野菜、盆栽などが豊富で、幅広いジャンル、欧米市场が売れている。

     

    1980年、ドイツ化セラミックス輸出額は1521万元、19906500万元、199565000万元、2001年には29.02億ウォンまで上昇し、アジア、欧州、北アメリカ、南米、アフリカ、オセアニアなど約150ヵ国に販売された。

     

    徳化県は20111017日、天下最大の工芸セラミック生産と輸出基地として、商務部に「国度セラミックス産業の対外貿易モデル転換グレードのテスト基地」を授与された。

     

    4、国際ハイエンド市場への進出が輝かしい。

     

    昔日では、鉄音やセラミックス财产が発展してきた。彼らにとって将来の発展の考え方は明白で、それは远くありません。それは、国际ハイエンド市场に收支して、繁栄の外洋商业の様子を再现します。

     

    パリに鉄観音マーケティングセンターを開設。

     

    安溪(アンゲ)をはじめとする福建省の方言は、お茶を「tay」とし、最も早く福建茶を入力したオランダ人は、福建省人の発音に基づいて、ラテン語の「thee」に、他の欧州諸国では、英語を「tea」、フランス語は「the」、ドイツ語は「thea」、デンマーク、スウェーデンは「te」で、いずれも「tay」の変音だった。

     

    国外の茶叶が西洋世界で初めて商业関系を借りて行われる「文明元素着力」であるとすれば、多くの茶企业が集団军を作って海を开け、国际市场を开辟すれば、鉄音茶文化の繁栄とされる茶叶商业で、世界に再び「文明输出」をもたらした。

     

    20123月、安溪(アンゲ)鉄道観音同業労組傘下の5つのブランド茶企画、八馬(パルマ)、華祥苑(華祥苑)、中ミン・ヴァイ氏、平山(ピョンサン)、三和(サムファ)、「第1集団」を結成し、フランス・パリに安溪鉄観音の欧州市場マーケティングセンターを開設した。マーケティングセンターは、パリの聖母院で、店名は「フォード茶」と呼ばれ、フランス語では「茶に夢中」だ。

     

    特に、同マーケティングセンターは、「安溪(アンゲ)鉄音」というブランド名で、フランスを拠点に欧州市場への進出を推進しているということだ。

     

    安渓鉄観音同業協同組合の王文礼会長は、数世紀前、国外の红茶が欧州に入って、その后「イギリス式のお茶」を表露し、欧州の贵族糊口の象徴となった。如今、安渓鉄音はヨーロッパに入って、国外のウーロン茶をヨーロッパに连れて行き、新たな国外のウーロン茶文化を持って行くのが目标です。

     

    近来では、多くの外洋の人々が、安溪(アンゲ)鉄観音茶を受けて、「徳茶」の上等の鉄観音茶を例にして、現在、8500ユーロで売られていて、売れ行きがいい。

     

    「長年の市場を経て、安溪(アンゲ)鉄のような音を立てたブランド改革は、すでに国門を出て、世界各地を巡回して展现しています」。安溪(アンゲ)茶叶本社の责任者、チンガヨン氏によると、市场の先端の退场は、后の成品の品格の包管を加え、ウーロン茶ブランドの付加価値を确保し、国际市场の必定を得ることを束缚した。

     

    また、安溪(アンゲ)鉄炮の输出成品の机关は、乱入茶から初级茶、包装茶、ブランド茶に変わり、输出国はアジアから欧州やアフリカなどに広がり、トップ企业が消费しているスターの成品も多くの国の初级者たちに向かっており、鉄の音のウーロン茶は、国际市场で定価権を得到している。

    芸术化日はセラミックスで世界各地に売れている。

     

    陶磁器の分野で国外陶磁文明の発祥地の一つとして、徳化県对峙「伝統瓷雕佳构化、工芸セラミック日雇い化、日雇いの陶磁器の统一」の発展の発想は、現在、陶磁器の企業も1400社余りが産業クラスターを构成した伝統瓷雕、輸出を通じて工艺瓷、日用瓷と肩を並べた発展の構図も一陣の陶磁器のお嬢様、次々と出てきた多くの米企業に支社を新設し、ドイツ、英国などの国。先端設備を導入し、新製品の開発を強化することで、国際市場を積極的に開拓してきた。これまでに70余りの輸出セラミックスメーカーは、「日本用セラミック品質ライセンス」と「米日のセラミック製造工場認証」の2つの認証資格を获得している。

     

    徳化陶磁器の輸出を构成した芸术性の高い杯盘、茶碗、皿、缶、瓶など、世界各地の構図を多品種ヒット輸出を米国、日本、欧州連合(eu)など100余りの国と地区は、先進国の数と輸出の比重が増え、輸出の上位10位の国のうち、9つは、先進国の先進国の輸出货值総輸出の70%を占めた。

     

    記者の手記:千年が華やかによみがえる。

     

    私たちがこの都会の歴史を见て、宋元以来、泉州は国外が世界に向けて开いた一枚または明または暗い窓である。彼女はかつて优れた深水岸线の条件を頼りにして、成熟した贸易文化と発达した手制造业で、国外の港での合作の中で圧倒的な成功を胜ち取った。

     

    もちろん、已往の歴史は雨に风に吹かれて、シルク、茶叶、陶器、繁栄の海上商业は、歴史の缩図に置かれています。歴史を振り返ってこそ、泉州の千年の華やかな海上貿易のための美しい思い出を呼び起こすことができる。

     

    「文明は水、万物を润し、静かにしない」、泉州の実力が强くなるほど、文明で世界に阐明し、自分本身を阐明していく。千百年前の繁栄をたどる海上商业は、歴史を轴にして、泉州の都会が生まれた陆地文明のための最良の书きである。

     
    センテニアルブランド     |     ニュースセンター     |     製品センター     |     品質保証     |     茶園     |     参与する協力
    Copyright©  Gao Jianfa Tea Industry Co.、Ltd.   電話番号:400-180-1918  太阳城集团2138
    太阳城集团2138
    www.2007.com